A 統計

AVERAGEA関数 AVERAGE関数との違いについて

投稿日:

AVERAGEA関数

AVERAGEA関数(アベレージ・エー関数)AVERAGE関数との違いについて。

AVERAGE関数については以下のリンクで記事にしています。

AVERAGE関数 平均値を返します

 

AVERAGEA関数はAVERAGE関数と同じく平均値をかえす関数です。

では何が違うのか。

上記の図では欠席の文字列が入っています。

 

AVERAGE関数と同じく、値には平均をもとめたい数値部分を指定します。

 

平均値が算出されました。

 

AVERAGE関数との違いですが、AVERAGEA関数は欠席の文字列を0とした平均値をかえしています。

AVERAGE関数関数は欠席の文字列は空白として、平均値をかえしています。

欠席を0点として平均値をかえすか、欠席は空白として平均値をかえすかの違いです。

 


派遣社員ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

-A, 統計
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

CONFIDENCE.T関数 スチューデントの T 分布を使用して、母集団に対する信頼区間をかえします

ACOSH関数 数値のハイパーボリックアークコサイン(双曲線逆余弦)をかえします

CHISQ.INV関数 カイ2乗分布の左側確率の逆関数の値をかえします

VARPA関数 数値・文字列・論理値を含む母集団全体を使い分散をかえします

VARA関数 数値・文字列・論理値を含む母集団の標本を使って分散を返します

人気記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。