C 統計

COUNTIF関数 検索条件に一致するセルの個数をかえします

投稿日:2018年3月12日 更新日:

COUNTIF関数

COUNTIF関数(カウント・イフ関数)検索条件に一致するセルの個数をかえします。

COUNTIF関数は、条件を指定して、条件にあったセルの個数をかえす関数です。

上記の図のように、各AとBの個数を数えたいとします。

 

COUNTIF関数を入力します。

範囲は個数を数えたいセルを指定。

検索条件はAのセル。

文字列で、”A”と指定する事も出来ます。

 

条件に一致したセルの個数が算出されました。

他にもいろいろな条件を指定する事が出来ます。

次回記事にしたいと思います。

 

 


派遣社員ランキング
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

-C, 統計
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

TREND関数 回帰直線による予測値を返します

MAXA関数 数値・文字列・論理値を含むリストの中の最大値をかえします

CELL関数 参照の左上隅にあるセルの情報を返します

NORM.INV関数 正規分布関数の逆関数の値をかえします

STDEVA関数 数値・文字列・論理値を標本と見なし母集団の標準偏差の推定値を返します。




人気記事




  • 1,044,900 アクセス