データの入力規則

データの入力規則と名前の管理でリストを連動させたい

投稿日:2018年4月5日 更新日:

データの入力規則と名前の管理でリストを連動させたい

データの入力規則と名前の管理でリストを連動させたい。

前回データの入力規則でプルダウンリストを表示させたいについて記事にしました。

データの入力規則 プルダウンでリストを表示させたい

今回は応用で、複数のリストを連動させたいを説明したいと思います。

 

上記図を見てください。

色分類が、大分類と思ってください。

それに連動して、小分類のカラーリストを表示させたいです。

 

まず、名前の管理でセル範囲に名前を付けていきます。

リボンの、数式タブにある、名前の管理をクリックします。

 

新規作成ボタンを押します。

 

名前に、色分類と入力します。

参照範囲はセルB3からB7を指定し、OKボタンを押します。

これで、このセル範囲の名前は、色分類となりました。

 

同じように小分類のセル範囲にも、もひとつひとつ名前を付けていきます。

 

さて、リストを作ります。

前回と同じ手順です。

リボンのデータタブにある、データの入力規則をクリックします。

入力の種類は、リスト。

元の値に、セル範囲の名前を入力します。

今回は大分類のセル範囲 =色分類 と指定します。

OKボタンを押してください。

 

大分類のリストが出てきました。

では、リストの連動の設定をしていきます。

 

大分類の下のセルに指定していきましょう。

同じくデータの入力規則をクリックして。

入力値の種類は、リスト。

元の値は、INDIRECT関数を入力します。

前回、INDIRECT関数は記事にしました。

INDIRECT関数で効率よく

元の値を、INDIRECT($B$2)とすることで、上のリストを参照してくれます。

OKボタンを押して設定終わりです。

 

上の大分類を参照し、レッドのリストが表示されました。

入力などの間違いが少なくなるので、リストの設定は便利です。

 


派遣社員ランキング
 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 

- データの入力規則
-, , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

データの入力規則 入力値の種類 整数

データの入力規則 ユーザー設定 文字列のみ入力

データの入力規則 ユーザー設定 重複データを入力させない

データの入力規則 入力時メッセージ

データの入力規則 入力値の種類 時刻

人気記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。