D 日付/時刻

DATEVALUE関数 文字列からシリアル値をかえします

投稿日:2018年4月6日 更新日:

DATEVALUE関数

DATEVALUE関数(デート・バリュー)文字列からシリアル値をかえします。

前回、YEAR関数・MONTH関数・DAY関数を記事にしました。

YEAR関数・MONTH関数・DAY関数は、シリアル値から、年・月・日をかえしましたね。

YEAR関数 シリアル値から年をかえします

MONTH関数 シリアル値から月をかえします

DAY関数 シリアル値から日をかえします

 

今回のDATEVALUE関数は、前回と反対に、文字列からシリアル値を返す関数になります。

 

DATEVALUE関数を入力します。

日付文字列に、”2018/04/07”と文字列を入力します。

OKボタンを押します。

 

シリアル値がかえりました。

 

文字列を直接入力だけではなく、セルを参照して、&でつなげたり、

CONCATENATE関数をつかって、セル参照をしても良いと思います。

CONCATENATE関数については以前記事にしました。

CONCATENATE関数 使い方

 


派遣社員ランキング
 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

-D, 日付/時刻
-, , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

DEC2OCT関数 10進数を8進数に変換します

VBAはじめに セルの記述

DSTDEVP関数 条件を満たすレコードを検索しそれを母集団全体として母集団の標準偏差をかえします

DURATION関数 データの債券に対するデュレーションをかえします

TIMEVALUE関数 文字列からシリアル値をかえします

人気記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。