R 文字列操作

REPLACE関数 指定された数の文字を他の文字に置き換えます

投稿日:2018年5月9日 更新日:

REPLACE関数

REPLACE関数(リプレイス関数)指定された数の文字を他の文字に置き換えます。

 

REPLACE関数は文字列を、指定した位置から、指定した数、置換文字列に置き換えます。

REPLACE関数を入力します。

文字列セルを指定。

開始位置は4とします。

置換文字数は3とします。

置換文字列は123です。

OKボタンを押します。

 

123456の、4番目の文字、3文字、123に置き換わりました。

 

次は、あいうえおを、4文字目から、2文字、”エオ”に置き換えます。

 

置き換わりました。

 

 

 

派遣社員ランキング
 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

-R, 文字列操作
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

CHAR関数 コードに対応する文字をかえします

TRIM関数 単語間のスペースを1つ残して不要なスペースを除きます

RANK関数 数値が参照範囲内で何位かかえします

ROUNDDOWN関数 数値を切り捨てて指定された桁数にします

LENB関数 文字列の文字数をバイト単位で返します




人気記事




  • 574,314 アクセス
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。