D データーベース

DVAR関数 データベースより条件を満たす値を標本として分散をかえします

投稿日:2018年8月18日 更新日:

DVAR関数

DVAR関数(ディー・バリアンス関数)データベースより条件を満たす値を標本とし分散をかえします。

統計関数で使う母集団とは、統計対象となるすべての集団をさします。

標本とは母集団から抽出した部分集合体です。

 

同じように分散をかえす、VAR.S関数については以下で記事にしています。

VAR.S関数 母集団の標本を使って分散をかえします

 

DVAR関数を入力します。

データベースにデータの一覧を指定します。

フィールドは、分散を算出したい列の表題 ”値” セルを指定。

条件に 地点、Aのセルを指定します。

 

条件 A にあてはまる値の分散値が返されました。

 

Database関数一覧は以下の通りです。

DAVERAGE関数
DCOUNT関数
DCOUNTA関数
DGET関数
DMAX関数
DMIN関数
DPRODUCT関数
DSTDEV関数
DSTDEVP関数
DSUM関数
DVAR関数
DVARP関数


派遣社員ランキング

Microsoft Officeランキング



エステ・脱毛・フェイシャルのエルセーヌ

★月々100円(税抜)からオンラインショップを運営!
独自SSL・高機能カート・クレジット決済が簡単導入


年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン

-D, データーベース
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

DURATION関数 データの債券に対するデュレーションをかえします

DMIN関数 データーベースより条件を満たすレコードの最小値をかえします

DB関数 定率法による減価償却費をかえします

DEC2HEX関数 10進数を16進数に変換します

DVARP関数 データベースより条件を満たす値を母集団全体として母集団の分散をかえします

人気記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。