■ 目的別

目的別 COUNTIF関数で文字列が含むが含まないかを判断する

投稿日:2018年8月26日 更新日:

目的別

目的別 COUNTIF関数で文字列が含むが含まないかを判断します。

今回使用する関数、COUNTIF関数については以下で記事にしています。

COUNTIF関数 検索条件に一致するセルの個数をかえします

また、ワイルドカードについては以下で記事にしています。

基本的なこと 関数でワイルドカードを使用する

 

上記図で、文字列のセルに、文字が含まれるか判断します。

 

まずIF関数を入力。

真の場合には”含む”と入力、偽の場合には”含まない”と入力します。

論理式にはCOUNTIF関数を入れ子します。

 

COUNTIF関数の範囲にはB3セルを指定。

検索条件には、”*”&C3&”*”と入力します。

”*” アスタリスク(ワイルドカード)で囲む事により、前後の文字は当てはまらなくても、Bが含まれる場合という検索条件となります。

 

検索文字列がある場合には”含む”が返り、ない場合には”含まない”が返りました。

=IF(COUNTIF(B3,”*”&C3&”*”),”含む”,”含まない”)


派遣社員ランキング

Microsoft Officeランキング



エステ・脱毛・フェイシャルのエルセーヌ

★月々100円(税抜)からオンラインショップを運営!
独自SSL・高機能カート・クレジット決済が簡単導入


年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン

-■ 目的別
-, , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

目的別 ANDとORの違いについて

目的別 VLOOKUP関数の行範囲にデータが追加されても自動で対応する

目的別 別々に入力された年月日を結合する

目的別 月初の日付をもとめたい

目的別 COUNTIF関数 空白・空白ではない・〇から始まる・〇で終わる・〇が含まれる

人気記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。