■ 目的別

目的別 カレンダーの曜日欄に祝日と表示したい

投稿日:2018年10月11日 更新日:

目的別

目的別 カレンダーの曜日欄に祝日と表示したい。

 

上記カレンダーの曜日欄に、祝日は祝日と表示させたい場合、別に祝日のリストが必要になります。

同じSheetでも別のSheetでも構いませんので、用意しておきます。

今回は右側にリストを置きました。

 

まずIF関数を入力します。

IF関数の理論式にはISERROR関数をネストします。

IF関数の真の場合には、TEXT(B3,”aaa”)と関数を入れます。

IF関数の偽の場合には、”祝日”と入力します。

 

IF関数については以下で記事にしています。

IF関数 理論式の結果に応じて指定した値をかえします

ISERROR関数については以下で記事にしています。

ISERROR関数 値がエラーのときTRUEをかえします

曜日の表示については以下で記事にしています。

目的別 曜日を表示させる方法

 

ISERROR関数にMATCH関数をネストします。

 

MATCH関数の検索値には、カレンダーの曜日セルを指定。

検査範囲には、祝日リストの日付セル全体を指定。

照合の種類は0と入力します。

MATCH関数については以下で記事にしています。

MATCH関数 検索値を指定された範囲から検索し一致する位置をかえす

 

祝日は祝日と表示され、祝日ではない日は曜日が返りました。

 


派遣社員ランキング

Microsoft Officeランキング
にほんブログ村 Windows



エステ・脱毛・フェイシャルのエルセーヌ

★月々100円(税抜)からオンラインショップを運営!
独自SSL・高機能カート・クレジット決済が簡単導入


年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン

レンタルサーバーなら【Z.com】

 

 

-■ 目的別
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

目的別 複数条件に一致したものを日付順にとりだす

目的別 別々に入力された年月日と時刻を結合する

目的別 COUNTIF関数 空白・空白ではない・〇から始まる・〇で終わる・〇が含まれる

目的別 IF関数とAND関数で相違チェックする

目的別 VLOOKUP関数の範囲をOFFSET関数を使って可変にする




人気記事




  • 257,147 アクセス
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。