■ 目的別

目的別 COUNT関数を使って年月日を月ごとにカウントしたい

投稿日:2018年11月22日 更新日:

目的別

目的別 年月日を月ごとにカウントしたい。

 

年月日から、指定の月をカウントします。

 

COUNT関数を入力します。

COUNT関数の値1にはIF関数をネスト。

 

IF関数の論理式には、MONTH関数をネストし、以下の式を入力します。

MONTH($B$3:$B$17)=D$2

 

数式バーをクリックし、MONTH($B$3:$B$17)=D$2の後ろにカンマを入れます。

以下のようになります。

MONTH($B$3:$B$17)=D$2,

カンマを入力したら、Shift + ctrl + Alt で配列関数にします。

 

年月日をつきごとにカウントできました。

今回使った関数については、以下リンクで記事にしています。

COUNT関数 数値データをカウントします

MONTH関数 シリアル値から月をかえします

IF関数 理論式の結果に応じて指定した値をかえします

 

 


派遣社員ランキング

Microsoft Officeランキング
にほんブログ村 Windows












-■ 目的別
-, , ,

執筆者:

関連記事

目的別 LAGE関数で飛び飛びの範囲を指定する

目的別 SUM関数・IF関数でで条件を指定した順位をかえす

目的別 行方向の空白をつめる

目的別 RANK関数で離れた範囲を参照する

目的別 INDEX関数とMATCH関数を使い複数条件で検索する




人気記事




  • 563,937 アクセス
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。