T 統計

TRIMMEAN関数 データの中間項平均をかえします

投稿日:2018年12月1日 更新日:

TRIMMEAN関数

TRIMMEAN関数(トリム・ミーン関数)データの中間項平均をかえします。

データ全体の上限と下限から一定の割合のデータを切り落とし、残りの項の平均値を返します。

※中間項平均とは、極端な値を取り除いた平均値の事

 

TRIMMEAN関数を入力します。

配列にはデータの配列を指定。

割合には平均値の計算から排除するデータの割合を指定します。

今回は20%としたので、0.2と入力します。

 

 

データの中間項平均がかえりました。

 

 


派遣社員ランキング

Microsoft Officeランキング
にほんブログ村 Windows












-T, 統計
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

STDEV.S関数 引数を標本と見なし標本に基づいて母集団の標準偏差の推定値を返します

TIME関数 指定された時刻からシリアル値を返します

F.DIST関数 F確率分布をかえします

VARPA関数 数値・文字列・論理値を含む母集団全体を使い分散をかえします

TRANSPOSE関数 指定された配列の行列変換を行います




人気記事




  • 685,037 アクセス
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。