N 統計

NORM.DIST関数 正規分布関数の値をかえします

投稿日:2019年4月2日 更新日:

NORM.DIST関数

NORM.DIST関数(ノーマル・ディストリビューション関数)正規分布関数の値をかえします。

正規分布(ガウス分布)は、平均値のふきんに集積するようなデータ分布の型のことを言います。

 

NORM.DIST関数を入力します。

xには、関数に代入する値を指定します。

平均には、対象となる分布の算術平均(相加平均)を指定します。

標準偏差には、対象となる分布の標準偏差を指定します。

関数形式は、TRUEを指定すると累計分布関数の値を返し、FALSE の場合は、確率密度関数の値を返します。

 

確率密度関数の値がかえりました。


派遣社員ランキング

Microsoft Officeランキング
にほんブログ村 Windows







 

-N, 統計
-, , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

VARPA関数 数値・文字列・論理値を含む母集団全体を使い分散をかえします

Z.TEST関数 Z検定の両側P値を返します

VAR.S関数 母集団の標本を使って分散をかえします

COUNTA関数 空白ではないセルの個数を数えます

QUARTILE.EXC関数 データ配列の四分位数をかえします




人気記事




  • 457,971 アクセス
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。