N 統計

NORM.DIST関数 正規分布関数の値をかえします

投稿日:2019年4月2日 更新日:

NORM.DIST関数

NORM.DIST関数(ノーマル・ディストリビューション関数)正規分布関数の値をかえします。

正規分布(ガウス分布)は、平均値のふきんに集積するようなデータ分布の型のことを言います。

 

NORM.DIST関数を入力します。

xには、関数に代入する値を指定します。

平均には、対象となる分布の算術平均(相加平均)を指定します。

標準偏差には、対象となる分布の標準偏差を指定します。

関数形式は、TRUEを指定すると累計分布関数の値を返し、FALSE の場合は、確率密度関数の値を返します。

 

確率密度関数の値がかえりました。


派遣社員ランキング

Microsoft Officeランキング
にほんブログ村 Windows







 

-N, 統計
-, , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

GEOMEAN関数 相乗平均をかえします

AVERAGEA関数 AVERAGE関数との違いについて

BINOM.INV関数 累積二項分布の値が基準値以上になるような最小の値をかえします

F.DIST関数 F確率分布をかえします

MAXA関数 数値・文字列・論理値を含むリストの中の最大値をかえします

人気記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。