■ 目的別

目的別 SUMPRODUCT関数でOR条件を指定する

投稿日:2020年3月16日 更新日:

目的別

目的別 SUMPRODUCT関数でOR条件を指定します。

SUMPRODUCT関数については以下で記事にしています。

SUMPRODUCT関数 配列内で対応する要素の積を合計します

目的別 SUMPRODUCT関数で条件を指定した順位をかえす

目的別 SUMPRODUCT関数を使って指定した月だけ合計したい

目的別 SUMPRODUCT関数で以上以下の数をカウントする

目的別 SUMPRODUCT関数を使って指定の月だけ合計したい

目的別 SUMPRODUCT関数で○○が含まれるを条件に合計したい

目的別 SUMPRODUCT関数をつかって月をカウントします

目的別 SUMPRODUCT関数とCOUNTIF関数を使って重複データを除いてカウントする


SUMPRODUCT関数の使い方をいろいろ記事にしてきましたが、今回はOR条件です。

上記の表から、北海道と福岡の数字の合計を算出します。

 

=SUMPRODUCT((($B$4:$B$18=”北海道”)+($B$4:$B$18=”福岡”))*($C$4:$H$18))

=SUMPRODUCT(((条件範囲=1つ目の条件)+(条件範囲=2つ目の条件))*(合計したい数値の範囲))

上記のように、条件を足す事によって、2つの条件範囲を合計する事ができます。

 

 






派遣社員ランキング

Microsoft Officeランキング
にほんブログ村 Windows





-■ 目的別
-, , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

目的別 チェックボックスをつかってチェックリストを作成する

目的別 COUNTIF関数 空白・空白ではない・〇から始まる・〇で終わる・〇が含まれる

目的別 COUNTIFS関数で比較演算子を使う時セル参照させたい

目的別 SUMPRODUCT関数をつかって月をカウントします

目的別 SUM関数を使って複数条件に一致した値を合計する




人気記事




  • 251,799 アクセス
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。