D 日付/時刻

DATE関数 シリアル値を取得する

投稿日:2018年1月20日 更新日:

DATE関数

DATE関数(デート関数)は日付をシリアル値でかえします。

シリアル値とは?

難しく言われると、この先よみ進めたくないですよね。

Excelでは日付を1900/1/1から連番で認識しています。

1900/1/1は1番目。

つまり、1番から数えて、2018/1/20は43120番目という事です。

 

セルにそのまま、20180120と入力しても、表示はエラーのままです。

シリアル値ではないと、ただの数値だからです。

 

DATE関数に、セルを指定します。

そのまま数字を入力しても良いです。

シリアル値、43419が返りました。

つまり、2018/11/15は43419番目です。

 

日付が入力されました。

 

 

2018/11/15は、43419番目。

ではセルに43419と入力します。

 

書式設定で日付に変更すると、きちんと2018/11/15になりました。

 

以前記事にした、日付/時刻の関数、NETWORKDAYS関数でもDATE関数を使っています。

日付/時刻関数に入力する際、シリアル値で入力しないといけない事が多いので、

DATE関数は、基本として覚えておくと良いと思います。

NETWORKDAYS関数 出勤日数を算出したい

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

-D, 日付/時刻
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

DATEVALUE関数 文字列からシリアル値をかえします

DMIN関数 データーベースより条件を満たすレコードの最小値をかえします

DSUM関数 データーベースより条件を満たすレコードの合計をかえします

TIME関数 指定された時刻をシリアル値にします

MINUTE関数 シリアル値から分をかえします

人気記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。