D 日付/時刻

DATE関数 シリアル値を取得する

投稿日:2018年1月20日 更新日:

DATE関数

DATE関数(デート関数)は日付をシリアル値でかえします。

シリアル値とは?

難しく言われると、この先よみ進めたくないですよね。

Excelでは日付を1900/1/1から連番で認識しています。

1900/1/1は1番目。

つまり、1番から数えて、2018/1/20は43120番目という事です。

 

セルにそのまま、20180120と入力しても、表示はエラーのままです。

シリアル値ではないと、ただの数値だからです。

 

DATE関数に、セルを指定します。

そのまま数字を入力しても良いです。

シリアル値、43419が返りました。

つまり、2018/11/15は43419番目です。

 

日付が入力されました。

 

 

2018/11/15は、43419番目。

ではセルに43419と入力します。

 

書式設定で日付に変更すると、きちんと2018/11/15になりました。

 

以前記事にした、日付/時刻の関数、NETWORKDAYS関数でもDATE関数を使っています。

日付/時刻関数に入力する際、シリアル値で入力しないといけない事が多いので、

DATE関数は、基本として覚えておくと良いと思います。

NETWORKDAYS関数 出勤日数を算出したい

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

-D, 日付/時刻
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

EDATE関数 指定された月数だけ前または後の日付のシリアル値をかえします

YEARFRAC関数 指定された2つの日付の間の日数を年を単位とする数値であらわします

DATESTRING関数 日付を和暦に変換します

DOLLAR関数 数値を四捨五入しドル書式を指定します

DVARP関数 データベースより条件を満たす値を母集団全体として母集団の分散をかえします




人気記事




  • 271,531 アクセス
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。