F 統計

FREQUENCY関数 度数分布表をつくる

投稿日:2018年2月13日 更新日:

FREQUENCY関数

FREQUENCY関数(フリークエンシー関数)度数分布表を作ることができます。

上記のような一覧があるとします。

PCとスマホの利用者を年代別に集計したいと思います。

 

上記の表のように集計したいとします。

まずは性別も区分のPCもスマホも関係なく、年代別に集計したいと思います。

 

ポイントは、集計したいセルを全部選択した状態で関数を入力します。

 

FREQUENCY関数を入力します。

 

データ配列は、集計したいデータを選択します。

 

区間配列には、区間を選択します。

そして重要なポイント。

配列関数はshift + Ctrl + Enterを同時に押すというルールがあります。

この状態でshift + Ctrl + Enterを押してください。

 

分布表ができました。

次回は条件を指定して、分布表を作る方法を説明したいと思います。

 


派遣社員ランキング

Microsoft Officeランキング
にほんブログ村 Windows




エステ・脱毛・フェイシャルのエルセーヌ

★月々100円(税抜)からオンラインショップを運営!
独自SSL・高機能カート・クレジット決済が簡単導入


年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン

レンタルサーバーなら【Z.com】

-F, 統計
-, , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

MODE.MULT関数 最も頻繁に出現する配列をかえします

BETA.DIST関数 ベータ分布をかえします

CHISQ.TEST関数 カイ2乗検定を行います

RANK.EQ関数 数値が参照範囲内で何位かかえします

GEOMEAN関数 相乗平均をかえします

人気記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。