A 統計

AVERAGEIF関数 特定の条件に一致する数値の平均をかえします

投稿日:2018年3月10日 更新日:

AVERAGEIF関数

AVERAGEIF関数(アベレージ・イフ関数)特定の条件に一致する数値の平均をかえします。

 

前回AVERAGE関数を記事にしました。

今回は条件に一致した場合に平均値を返すAVERAGEIF関数です。

AVERAGE関数 平均値を返します

 

上記の図のように、カテゴリごとの平均値を算出したいとします。

 

AVERAGEIF関数を入力します。

範囲には、条件範囲を選択します。

条件は算出したい条件、今回は生鮮の部分ですね。

条件は文字で”生鮮”と指定しても大丈夫です。

平均対象範囲はA支店の5行目全体を選択します。

 

A支店の生鮮の平均値が算出されました。

 

絶対参照、相対参照、複合参照を指定していれば、そのまま数式をコピー&ペーストで式がすべて埋まります。

絶対参照、相対参照、複合参照については以下のリンクで記事にしています。

基本的なこと 絶対参照・相対参照・複合参照

 

 


派遣社員ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

-A, 統計
-, , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

FISHERINV関数 フィッシャー変換の逆関数の値をかえします

CORREL関数 2つのデータ間の相関係数を返します

TRIMMEAN関数 データの中間項平均をかえします

STDEVPA関数 数値・文字列・論理値を母集団全体とし母集団の標準偏差を計算します

CONFIDENCE.T関数 スチューデントの T 分布を使用して、母集団に対する信頼区間をかえします

人気記事




  • 27,446 アクセス
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。